中国への“爆買い”移籍に海外メディア再注目 テベス、フッキら「成功と失敗の8人」選出

(左から)J・マルティネス、フッキ、テベス、オスカル【写真:Getty Images】
(左から)J・マルティネス、フッキ、テベス、オスカル【写真:Getty Images】

ベルギー代表MFムサ・デンベレが広州富力に移籍 過去のビッグディールを振り返る

 中国スーパーリーグの広州富力は17日、トットナムのベルギー代表MFムサ・デンベレの獲得を発表した。その報道に合わせて衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、これまで中国でプレーしたスター選手たちを特集。中国に馴染めなかった元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(上海申花→ボカ・ジュニアーズ)や、上海上港で活躍する元ブラジル代表FWフッキらを紹介している。

 トットナムで主力を担ってきたデンベレだったが、今シーズンは怪我の影響もあって満足にプレーできず。そうしたなか今冬の移籍市場で、名古屋グランパスの英雄でもあるドラガン・ストイコビッチ監督率いる広州富力への移籍を決めた。契約期間は3年で、移籍金は1100万ポンド(約15億5000万円)と言われている。

 このビッグディールを受けて、「FOXスポーツ」アジア版が中国スーパーリーグへ新天地を求めた歴代のスーパースターを特集した。

 2017年にボカ・ジュニアーズから上海申花へと移籍したテベスは、年俸4000万ドル(現在のレートで約44億円)で契約。しかし、中国の水に合わず、4ゴールしか決めることができずに1年でチームを退団。後に中国での生活を「ホリデー」と表現するなど、中国にとって失敗例の一つになった。

 成功例の代表として、上海上港の元ブラジル代表MFオスカルと元ブラジル代表FWフッキが挙げられる。オスカルは17年1月にチェルシーからアジア歴代最高額の5400万ポンド(現在のレートで約76億5000万円)で移籍を果たす。入団後に乱闘騒ぎを起こして出場停止処分を受けることもあったが、昨季はチームの主力として29試合に出場。今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではグループHで川崎フロンターレと同居しており、Jリーグ勢の前に再び立ちはだかることになりそうだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング