日本、アジア杯でウズベキスタンと一触即発の騒動 逆転弾で歓喜も…相手が怒り露わ

塩谷が豪快ゴールも… 時間を巻き戻すと見えてくる騒動の理由

 この場面で何が起きていたのか。時間を少し巻き戻すと、その理由が見えてくる。

 塩谷がシュートを打つ直前、相手のMFムサエフがエリア内で倒れこんでおり、それを見たDFイスロム・トゥフタフジャエフが手を挙げながら、プレーの一時中断をアピール。しかし、塩谷はそのままプレーを続行してシュートを放った形だ。

 瞬間的な判断が求められる場面で、塩谷がプレーを止めるのは難しい。しかし、相手にしてみれば逆転ゴールを決められたこともあり、感情が爆発してしまったようだ。

 試合はそのまま日本が2-1で逃げ切り、逆転勝利でグループリーグ3連勝。この結果、グループ1位通過での決勝トーナメント進出が決まった。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング