アーセナルはお金を払ってもエジルを追い出したい? “高給取り”の退団を切望と英紙報道

アーセナルのMFエジル【写真:Getty Images】
アーセナルのMFエジル【写真:Getty Images】

チーム再建を目指すクラブのなかで、エジルの高額な年俸はネックに…

 アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルは、「戦術的理由」でメンバー外となるなど、ウナイ・エメリ監督が率いるチームにおいて、その立場が揺らぎ始めている。移籍の噂も囁かれるなか、英紙「デイリー・ミラー」は、アーセナル側はお金を支払ってでもクラブ一の“高給取り”であるエジルを放出したいと考えていると報じた。

 今季は低調なパフォーマンスが目立ち、21試合中13試合の出場にとどまっているエジル。クラブ最高額の週給35万ポンド(約4900万円)を手にしているが、昨夏のエメリ監督就任からは出場機会が減り、最近ではベンチ入りさえできていない。

 アーセナルは、22年の長期政権を築いたアーセン・ベンゲル氏が昨季限りで退任。リーグ5位に終わったクラブには、大幅なテコ入れが必要だと見られていたが、エメリ新監督はこれまでのチームをベースに、チェルシーとは勝ち点6差の5位につけており、UEFAチャンピオンズリーグ出場権も狙える位置にいる。

 だが、クラブ側は将来的なチーム再建のためにも、人件費を切り詰め、新戦力獲得の枠を作りたいとの意向があるようだ。エメリ監督の構想にエジルがいないのであれば、給料の一部を支払ってでも“高給取り”を放出し、浮いたお金で新たな選手を獲得する資金調達をしたい考えがあるという。

 現在、中国クラブとインテルが、期限付きでの獲得に関心を示しているとされているが、いまだに正式なオファーは届いていない。エメリ監督もエジルの構想外を公にはしておらず、同選手の代理人を務めるエルクト・ソグト氏も退団の可能性を一蹴との報道が出ている。だが、エメリ監督が「ローンでしか選手を獲得できない」と発言していることなどを考慮すると、エジルがエメリ監督の下で、ファーストチョイスに復帰する望みは薄いようだ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング