帝京長岡の2年生FW晴山、大会第1号ハットトリック! 6-0のゴールラッシュ導く

帝京長岡の2年生FW晴山岬【写真:Football ZONE web】
帝京長岡の2年生FW晴山岬【写真:Football ZONE web】

技巧派集団の帝京長岡、高知西に快勝

 大会第1号のハットトリックが飛び出した帝京長岡(新潟)が初戦を大勝で飾った。第97回全国高校サッカー選手権は31日に各地で1回戦を行い、浦和駒場スタジアムでは帝京長岡の2年生FW晴山岬が後半6分までに3得点を挙げ、6-0で高知西(高知)に勝利した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 帝京長岡は前半12分にMF谷内田哲平が先制点を挙げると、同18分には相手コーナーキックからシュートがクロスバーに当たる大ピンチをしのいだところからのロングカウンターで晴山が抜け出してゴール。後半に入っても3分と6分に晴山が連続ゴールをしてハットトリックを達成。一気に引き離すと同19分にも途中出場のFW冬至直人、同アディショナルタイムには途中出場のMF磯貝飛那大が追加点を挙げてゴールラッシュを締めくくった。

 技巧派集団の帝京長岡にあって、晴山の足下の技術と得点能力は8月の全日本フットサル選手権U-18で優勝したチームで大会MVPを獲得したことでも実証済み。この試合でもGKとの1対1の場面で冷静に蹴り込むところは、フットサルのサイズの小さなゴールに正確に蹴り込む技術が生きた。
 
 初戦のハットトリック達成で大会得点王も視野に入る。21世紀に入った2001年生まれのストライカーは、技術力に優れた中盤の助けも借りて全国の舞台で大暴れしそうだ。

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」