大迫勇也、鹿島時代の盟友DF昌子の“フランス移籍”にエール 「楽しみ」「道は開ける」

大迫が鹿島アントラーズ時代の盟友昌子の海外挑戦にエールを送った【写真:Getty Images】
大迫が鹿島アントラーズ時代の盟友昌子の海外挑戦にエールを送った【写真:Getty Images】

鹿島時代に共闘した昌子のトゥールーズ移籍が決定「頑張ってほしい」

 日本代表の押しも押されもせぬストライカーが、フランス1部トゥールーズに移籍する鹿島アントラーズ時代の盟友DF昌子源の海外挑戦にエールを送っている。

 アジアカップに向けて国内合宿を組んでいる日本代表は29日、千葉県内でトレーニングに励んだ。そのなかでFW大迫勇也(ブレーメン)は22日のブンデスリーガ、ライプツィヒ戦で臀部を打撲したため別メニュー調整となっている。ただ本人いわく「大事を取ってという感じですし、一番は9日に合わせること。それを逆算したなかでスタッフと話し合って別メニューでやっています」と、あくまでアジアカップのグループステージ初戦トルクメニスタン戦に照準を合わせて準備を進めている。

 そんな大迫だが、前日には盟友との再会を果たした。「源には昨日会って、良い顔してたんで」。鹿島ではチームメートとしてプレーし、今年のロシア・ワールドカップで再び日本代表として戦った昌子と交友を深めた。昌子と言えば28日にトゥールーズへの移籍が決まったばかり。そのことについて報道陣に問われると、大迫はこのように話している。

「楽しみですし、チャレンジしてほしいですよね。成功するか失敗するか分からないなかで、チャレンジすれば道は開けると思うんで頑張ってほしいですね」

 2014年に1860ミュンヘンに移籍して以来、大迫はケルン、そして今シーズンから加入したブレーメンとレギュラーを守り、ドイツ生活6年目となった。昌子の表情を見て“原点”を思い出すとともに、センターバックというポジションで地位を確立してほしい――そんな思いがあふれ出ていた。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング