【28日の補強動向】再びストライカー玉突き 元日本代表FW玉田が長崎、長崎FW鈴木が札幌へ

鈴木(左)が札幌、玉田(右)が長崎へ加入【写真:Getty Images】
鈴木(左)が札幌、玉田(右)が長崎へ加入【写真:Getty Images】

名古屋を契約満了となった玉田が長崎へ 鈴木が長崎から札幌へ加入

 来季をJ2で戦うV・ファーレン長崎は28日、元日本代表FW玉田圭司の獲得を発表した。1999年に柏レイソルへ加入した玉田は名古屋、セレッソ大阪を経て、2017年当時J2の名古屋へ再加入。自身4季ぶりとなった今季のJ1では24試合3得点の成績を残し、名古屋のJ1残留に貢献したが、今月6日に契約満了が発表されていた。

 39歳となる来季はJ2での戦いとなるが、長崎のクラブ公式サイトでは「J1昇格に向け、僕自身が持っているすべてをこのチームに捧げたいと思っています。皆さんとスタジアムでお会いできることを楽しみにしています!」とサポーターに向けてコメントを残した。

 また、J1北海道コンサドーレ札幌は長崎からFW鈴木武蔵を獲得した。高校時代から年代別代表に名を連ねてきた鈴木だが、昨季までプロでは3年目の29試合3得点が最高成績だった。しかし長崎に加入した今季は自己ベストを大きく更新する11ゴールを記録。長崎の公式サイトを通じ、「長崎に来て僕のサッカー人生は大きく変わりました。選手として人として未熟な僕を受け入れてくれて、共に成長できたことを決して忘れません」と自身の成長について言及し、「ひとりのサッカー選手として更なる成長を遂げたいと考え、決断しました。自分勝手で本当に申し訳ありません。長崎での1年間をこれからも心に刻んでサッカー人生を歩んで行きたいと思います」と長崎で培った経験を糧にすると誓った。

【その他、28日の主な移籍】
<北海道コンサドーレ札幌>
FW アンデルソン・ロペス FCソウル(韓国)から完全移籍で獲得
MF 中野嘉大 ベガルタ仙台から完全移籍で獲得

<横浜F・マリノス>
MF 三好康児 川崎フロンターレから期限付き移籍で獲得

<湘南ベルマーレ>
MF 古林将太 ベガルタ仙台から完全移籍で獲得
DF 小野田将人 FC今治から完全移籍で獲得

<清水エスパルス>
MF 中村慶太 V・ファーレン長崎から完全移籍で獲得

<サンフレッチェ広島>
MF 清水航平 清水エスパルスから期限付きで獲得

<FC岐阜>
DF タビナス・ジェファーソン 川崎フロンターレから完全移籍で獲得

<レノファ山口>
FW 工藤壮人 サンフレッチェ広島から期限付き移籍で獲得

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング