【23日のJ補強動向】東京五輪世代のFW岩崎悠人が札幌移籍、浦和MF武富は湘南へ

(左から)FW岩崎、MF武富【写真:Getty Images】
(左から)FW岩崎、MF武富【写真:Getty Images】

札幌MF宮吉と京都FW岩崎が実質”トレード” 湘南が新たに3選手を補強

 J1北海道コンサドーレ札幌は、J2京都サンガF.C.から東京五輪世代のFW岩崎悠人を完全移籍で獲得したと発表した。

 岩崎は京都橘高校在籍の1年時から活躍し、高校1年で出場した全国高校サッカー選手権大会でも優秀選手の1人に選ばれ、2017年に京都へ加入した。同年5月にはU-20W杯にも出場。プロ入り後の2年間でリーグ戦68試合に出場するなど活躍を続けてきた。

 移籍にあたり、京都のクラブ公式サイトでは「京都を離れてもいいのかとすごく悩みましたが、チャレンジしたいという今の自分の思いで移籍を決断させていただきました。京都の皆さまへの感謝の気持ちを忘れず、自分の決断に覚悟と責任を持って全力でチャレンジしたいと思います」とコメント。移籍先となる札幌のクラブ公式サイトでは「新たなチャレンジの場をくださり本当に感謝しています。北海道コンサドーレ札幌のために全力で闘いますので、よろしくお願いします」とチャレンジへの誓いを述べた。

 またJ1湘南ベルマーレは3選手の移籍加入と同時に、3年間のレンタルを経てDF 岡本拓也が完全移籍に切り替わると発表した。岡本は「来季からは湘南が僕にとって正真正銘のホームになります。在籍は4年目になるので、黄緑色のユニフォームを着ることにどんな責任が伴うか、充分理解しているつもりです」と新たな決意を表明。清水エスパルスから完全移籍となるDFフレイレは「曺監督とクラブ関係者の皆様に感謝の気持ちを伝えるとともに、多くの日本代表選手を輩出し、更には今年ルヴァンカップをも制した湘南ベルマーレの一員になれた事を嬉しく思います」とコメントしている。

 さらに、ジェフユナイテッド千葉から加入するFW指宿洋史は海外でプレーした経験を持ち、「チームが必要としてくれたことに大変感謝しています。同時に、強い覚悟を持ってこの移籍を決断しました。一日も早くサポーターの皆さんに認められ、チームの勝利に貢献するために全力で戦います」とサポーターへの誓いを述べた。浦和レッズからレンタルでの加入となるMF武富孝介は「みんなが躍動するこのチームでまた戦えることがすごく楽しみです。覚悟と決意をもってプレーします、一緒に戦いましょう!」と、5年ぶりの復帰に向けて決意を新たにした。

【その他、23日の主な移籍動向】
<ガンバ大阪>
MF 矢島慎也 ベガルタ仙台への期限付き移籍期間満了で復帰

<サガン鳥栖>
DF ジョアン・オマリ 期限付き移籍期間満了で退団
DF ニノ・ガロヴィッチ ディナモ・ミンスク(ベラルーシ)から完全移籍で加入

<モンテディオ山形>
DF ホドルフォ メトロポリターノ(ブラジル)から期限付き移籍で加入

<ジェフユナイテッド千葉>
DF ウィリアムス ベラスケス ワトフォード(イングランド)から期限付き移籍で加入

<町田ゼルビア>
DF 下坂晃城 アビスパ福岡から完全移籍(※今季途中に期限付き移籍)

<京都サンガF.C.>
FW 宮吉拓実 北海道コンサドーレ札幌から完全移籍で加入

<レノファ山口>
FW 田中パウロ淳一 FC岐阜から完全移籍で加入

<徳島ヴォルティス>
DF 福岡将太 栃木SCから完全移籍で加入

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング