「ここは俺の出番だなと」 長崎の手倉森新監督、就任会見で所信表明「1年でJ1に帰る」

V・ファーレン長崎の手倉森誠新監督【写真:Getty Images】
V・ファーレン長崎の手倉森誠新監督【写真:Getty Images】

来季はJ2で再スタートを切るなか、1年でのJ1復帰に意気込み「自信はある」

 J2降格が決まったV・ファーレン長崎は7日、手倉森誠新監督の就任会見を実施。2016年にリオデジャネイロ五輪で五輪代表チームを牽引した指揮官は、長崎の熱意に対して「ここは俺の出番だと思った」ことを明かした。

 長崎は初めてJ1を戦った今季、8勝6分20敗で最下位に終わり、1年でのJ2降格が決まった。11月19日に高木琢也監督の退任が発表されたなか、12月4日に手倉森監督と早川直樹氏のフィットネスコーチ就任が決定。7日に記者会見に臨んだ。

 手倉森監督は冒頭で、「いよいよ監督やるんだなと思っている」と胸中を明かすと、「会場の雰囲気も“堅い”ですけど、自分の長崎での“固い”決意を話させてもらえれば」と笑いを誘い、長崎のビジョンに共感したことを明かした。

「長崎の“長い先”の話を、ビジョンを聞いた時にものすごい壮大なプロジェクトだなと。日本を代表するクラブを作り上げるという話を聞けば、つい先日まで代表活動していた私としてはやるしかない、『ここは俺の出番だな』と思った。そういうビジョン、実現、達成、盤石なものにするには、すかさずJ1に上がらなければいけない。そこに関しても自分も自信はある」

 長崎に対して、「よく走る」「粘り強く戦える」という印象を抱いていたという手倉森監督。全員攻撃・全員守備とともに、「1年でJ1に帰る」「数年でJ1で優勝争いできるチームにしたい」と目標を掲げた。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング