アラベスがJ2昇格の鹿児島と提携した理由 来日したCEOに密着、見えてきた狙いとは?

鹿児島のトレーニング環境を視察したアリツCEO【写真:Football ZONE web】
鹿児島のトレーニング環境を視察したアリツCEO【写真:Football ZONE web】

鹿児島のトレーニング環境も視察「いつの日か自前の練習場を…」

 翌26日に行われた鹿児島とのミーティングで、彼らが作り上げた“オリジナル”なシステム、「BALシステム」のプレゼンテーションが行われた。選手の育成、スカウティング、チーム状況、指導者の評価、あらゆるものがデータ化されデータベースに収められていた。その詳細な項目の数々、解釈、実践的な落とし込み――。アリツCEOが語ってくれた「細かいところまで気を遣って、時間を使って一生懸命働くこと、それをずっと続けること」を目の当たりにすることができた。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

「鹿児島のトレーニング環境が見たい!」

 これが彼らの次のリクエストだった。ホテルから約30分車を走らせ、鹿児島が転々とする練習場の一つ、鹿児島ふれあいスポーツランドに向かった。ここは、県が所有するグランドと市が所有するグランドが同じ施設の中に隣り合わせになっている。1~2月のキャンプシーズンには清水エスパルスが市の持ち物であるグラウンドを使い、松本山雅FCが県の所有するグラウンドを使う。ホームタウンの鹿児島は、その間の期間を縫うような形で使用することになる。

 シーズン中も一般開放や芝生のメンテナンスなど様々な理由で使用頻度は制限される。せっかくの素晴らしい環境をアドバンテージに使えない鹿児島の現状を心配しながらも、アリツCEOは「J2に上がったんだ。地道に自治体を説得し、使用頻度を増やしてもらおう。いつの日か自前の練習場を持つまでね。我々だって最初はそんなもんだったよ」と言って笑った。

 27日朝、桜島が噴火し、真っ黒な噴煙が舞い上がった。鹿児島空港に降り立ったばかりのスペイン人の彼らが最初に話してきたのが、雄大な桜島の美しさについてだった。彼らの滞在中何度も「SAKURAJIMA」「Volcano」(火山)という言葉が飛び出した。鹿児島という美しい県の象徴は、桜島という今も活発に活動している火山だ。そして今回、新たなシンボルが誕生した。

 J2昇格を決めた鹿児島ユナイテッドFCは、県民の夢を乗せて来季、1カテゴリー上の舞台に戦いの舞台を移す。しかし、その舞台は鹿児島の終着点ではない。J1、アジア王座、そしていつの日か世界の舞台でアラベスと一戦まみえるためのスタート地点だ。

「さあ、ビトリアに戻ったら忙しくなるぞ」

 そう言ってアリツCEOは機内へと向かった。それは次節、アラベスがホームで対戦するセビージャ戦に向けた準備のことではない。鹿児島との未来を作り上げるための準備だ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  5. 最新FIFAランキング発表! 日本は24位で変動なし、スペインが7位に後退…ドイツは11位、コスタリカは31位

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  8. 浦和モーベルグ妻、ミニ丈ワンピで銀座出没に反響 珍しいパールピンク壁前で報告「美しい」「めっちゃ可愛い」の声

  9. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  10. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛