3失点惨敗のレアル、新体制に暗雲? ソラーリ“正式”監督「最悪の内容だった」

アウェーでエイバルに0-3と完敗したレアル【写真:Getty Images】
アウェーでエイバルに0-3と完敗したレアル【写真:Getty Images】

アウェーでエイバルに0-3完敗、正式監督就任の初戦で躓く

 復調したはずのレアル・マドリードにとって、サンティアゴ・ソラーリ監督が正式に指揮官となった初戦で思わぬ躓きとなった。現地時間24日に行われたリーガ・エスパニョーラ第13節エイバル戦で0-3とよもやの大敗。スペイン紙「マルカ」によると試合後に選手、監督から次々と反省の弁が出ている。

 フレン・ロペテギ前監督からソラーリ暫定政権となり、公式戦4連勝を果たした成果を認められ正式な監督として契約したレアル。この日は序盤こそ元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決定機を迎えたものの決めきれず、前半16分にエイバルMFゴンサロ・エスカランテに押し込まれたゴールがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の末に認められて先制点を許すと、後半に入っても7分にFWセルジ・エンリヒ、同12分にキケと追加点を許した。

 レアルはウェールズ代表FWギャレス・ベイルの直接FKが好セーブで防がれるなど、攻撃陣も不発に終わった。敵地とはいえエイバル相手の惨敗に、試合後のレアル陣営からは反省の言葉ばかりが並んだ。

「この5試合のうちで最悪の内容だった」(ソラーリ監督)

「エイバルはダイレクトにプレーしてきた。セカンドボールを勝ち取り、それが僕らを難しくした、僕らは自分たちのサッカーができず、気持ち良くプレーできなかった。これはコレクティブな問題だ」(フランス代表DFラファエル・ヴァラン)

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング