「アジア杯の本命候補」と称賛した選手は? 英記者がキルギス戦“先発11人”を採点

英記者がキルギス戦の先発11人を採点【写真:Getty Images】
英記者がキルギス戦の先発11人を採点【写真:Getty Images】

日本代表がキルギスに4-0で快勝、山中は代表史上最速デビュー弾

 日本代表は20日、国際親善試合でキルギス代表と対戦し、4-0と快勝した。開始2分にDF山中亮輔(横浜F・マリノス)が史上最速代表デビュー弾を叩き込むと、同19分にMF原口元気(ハノーファー)が直接FK弾を決める。後半には27分にFW大迫勇也(ブレーメン)、同28分にMF中島翔哉(ポルティモネンセ)と途中出場の二人が立て続けに追加点を奪い、年内最後のテストマッチを快勝で飾った。

 この結果を受け、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップを6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏が、キルギス戦に先発した11選手を10点満点で採点。最低点はMF伊東純也(柏レイソル)の「5点」となった一方、5選手に対し「7点」の評価を与えている。

  ◇   ◇   ◇

■キルギス戦の日本代表スタメン11人の採点(10点満点) 

【GK】
権田修一(サガン鳥栖) 6点
ほとんどゴールを脅かしてこない相手に対し、権田は静かな夜を過ごすことになった。

【DF】
山中亮輔(横浜F・マリノス) 7点
開始早々のゴールは、日本が円滑にプレーすることを可能にし、サイドバックからのエネルギッシュなパフォーマンスは、彼がアジア杯の本命候補であることを示した。

槙野智章(浦和レッズ) 6点
限られた相手に対し、十分に手堅いパフォーマンスを披露した。それを軽い負傷によりピッチを退くまで貫いた。

三浦弦太(ガンバ大阪) 6点
三浦にとって比較的トラブルに遭わない夜となり、敵陣ゴール前ではあと一歩でネットを揺らすヘディングで脅威を与えた。

室屋 成(FC東京) 7点
右サイドに配置された山中のようで、攻撃に積極的に関与し、守備ではほとんど出番がなかった。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング