日本代表の最新序列に見る「アジア杯23人当落予想」 評価急上昇で“滑り込み選出”は?

11月シリーズ終了後の日本代表「最新序列」【画像:Football ZONE web】
11月シリーズ終了後の日本代表「最新序列」【画像:Football ZONE web】

GKは一貫して3選手を招集、シュミットはアピール次第で大会中に序列を覆す可能性も

 森保一監督率いる日本代表は20日の国際親善試合キルギス戦で4-0と快勝し、年内ラストマッチを終えた。来年1月にUAEで開催されるアジアカップに向けて、代表での最終テストを終えた形だが、新体制5試合を終えた時点での“最新序列”とともに、アジアカップの招集メンバー23人も予想。“滑り込み選出”が予想されるポジションはどこなのか。GK、左右のサイドバック、センターバック(CB)、ボランチ、左右のサイドハーフ、トップ下、1トップに分けて、それぞれの最新序列とアジアカップ当落予想を探る。

【森保ジャパン・試合結果】
9月11日 コスタリカ戦 ○3-0(得点者:OG、南野、伊東)
10月12日 パナマ戦 ○3-0(得点者:南野、伊東、OG)
10月16日 ウルグアイ戦 ○4-3(得点者:南野2、大迫、堂安)
11月16日 ベネズエラ戦 △1-1(得点者:酒井)
11月20日 キルギス戦 ○4-0(得点者:山中、原口、大迫、中島)

【序列&アイコン】
序列=上から高い順
◎=メンバー入り濃厚
○=当落線上
△=現状ではメンバー入り困難

■GK(予想:3枠)
◎ 東口順昭(G大阪)
◎ 権田修一(鳥栖)
◎ シュミット・ダニエル(仙台)

 新体制発足時から一貫しているのが最後尾だ。東口、権田、シュミットの三人は毎回招集され、東口と権田が2試合ずつ、シュミットが1試合に起用されている。GK陣最年長の東口がやや抜け出している印象だが、権田と明確な差は見られない。シュミットもアピール次第では大会中に序列を覆す可能性を秘めている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング