生粋のサッカー好きにして負けず嫌い 幼なじみ・室屋成が語る「南野拓実の素顔」

(左から)日本代表MF南野、DF室屋【写真:田口有史&Getty Images】
(左から)日本代表MF南野、DF室屋【写真:田口有史&Getty Images】

幼稚園で出会い、小学校時代に共闘 「かわいい弟みたい」がサッカーでは“勝負師”に

 森保一監督率いる日本代表において、MF南野拓実(ザルツブルク)は初陣となった9月のコスタリカ戦(3-0)から3試合連続ゴールを決めるなど、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)、MF堂安律(フローニンゲン)との2列目トリオで攻撃を牽引している。普段はクールな印象だが、ひとたびピッチに立てば負けず嫌いに火がつく――。幼なじみで小学校時代、年代別代表でチームメイトだったDF室屋成(FC東京)に新エース候補の素顔を訊いた。

 近所同士で、兄も幼なじみの二人が出会ったのは幼稚園の頃。大阪のゼッセル熊取FCに所属していた兄たちの練習に連れていかれてはボールを蹴っていて、サッカーが主な遊びだった。その後、二人もゼッセル熊取FCに所属することになるが、普段の南野は「かわいい弟みたいな感じ」(室屋)なのに対し、試合になると“別の一面”が顔をのぞかせたという。

「南野選手はサッカーにおいてはすごく負けず嫌いで、試合が始まったらいきなり全員を抜きに行くくらい気持ちが強かった。ボールを持ったら常にゴールを狙っていましたね」

 当時は室屋もトップ下やFWなど攻撃的なポジションでプレー。室屋のパスから南野が得点を決めたり、二人で2トップを組む試合もあった。

「僕が得点を決めたら、『次は俺にボール出して』『俺に打たしてな』と言ってましたね(笑)。自分はどちらかと言うと、楽しくワイワイとサッカーをやっていましたが、南野選手は同じサッカー好きでも当時から勝負にこだわっていた。試合に負けたら一人で悔しがって、泣いて、練習している熱い選手でした」

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング