充実の“攻撃カルテット”、浮き彫りになった課題… 英記者が見た「日本代表の現在地」

日本の課題も浮き彫り「より良いチームが相手だった場合…」

 一方、自陣では日本の守備陣が中盤でのボールロストによって不必要なプレッシャーを受けることになり、特に前半30分の場面のように、危険なエリアで安易にFKを与えすぎていた。A代表デビューのGKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)はそれらの危険を回避すべく高さを買われたが、より良いチームが対戦相手だった場合、もっと大きな問題が起こっていただろう。

 酒井のパフォーマンスと素晴らしいゴールは、ベネズエラへのPK献上で台無しとなった。酒井と日本の双方にとって、強いインパクトをかき消す残念な終わり方になってしまった。

(マイケル・チャーチ/Michael Church)

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング