J2全日程終了で「J1昇格&残留争い」の行方は? 崖っぷちの柏、次節にも降格決定の危機

J2リーグ順位表【表:Football ZONE web】
J2リーグ順位表【表:Football ZONE web】

松本が4年ぶり、大分が6年ぶりのJ1昇格! 福岡は最終節で7位に転落し涙を呑む

 J2リーグの最終節が17日に行われ、松本山雅FCがJ2初優勝と4年ぶりとなるJ1昇格、そしてJ3降格経験のある大分トリニータが2013シーズン以来のJ1復帰を決めた。これによって混戦となっているJ1残留争いの降格枠が「2」となり、17位以下が確定しているV・ファーレン長崎のJ2降格が決定。それ以外のJ1昇格争いと残留争いが、今後どのような展開を見せるのかをここで整理してみたい。

 42試合の激闘を終え、J2の7位までの順位は以下の通りとなった(カッコ内は得失点差)。

1位:松本 勝点77(20)
2位:大分 勝点76(25)
<ここまでJ1自動昇格>
3位:横浜FC 勝点76(19)
4位:町田 勝点76(18)
5位:大宮 勝点71(17)
6位:東京V 勝点71(15)
<ここまでJ1参入プレーオフ出場>
7位:福岡 勝点70(16)

 FC岐阜に0-0で引き分けたアビスパ福岡が、第41節終了時点で7位だった大宮アルディージャ(ファジアーノ岡山に1-0で勝利)にかわされ、涙を呑む形となった。

 そして最も注目が集まったのは、J1ライセンスを持たないFC町田ゼルビアだった。2位以内に入ればJ1自動昇格枠が「1」になるところだったが、東京ヴェルディ戦で1-1の引き分けに終わり、同じくドローに終わった松本(徳島ヴォルティスと0-0)、大分(モンテディオ山形と1-1)を勝ち点で上回れず4位に終わった。

 町田が4位に終わったことで、J1とJ2の昇降格の状況を整理すると次のようになる。

【J1・残留争い】
17、18位がJ2に自動降格。16位がJ1参入プレーオフ決定戦出場。

【J2・昇格争い】
松本、大分の自動昇格決定。横浜FC、大宮、東京VがJ1参入プレーオフ出場。

【PR】UCL分析&ハイライト番組『UCL IN FOCUS』がDAZNで絶賛公開中、加入してチェックだ!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング