なでしこMF宇津木瑠美、4度目のW杯への“準備” 若手に要求したい「背伸び」とは?

なでしこジャパンMF宇津木【写真:Getty Images】
なでしこジャパンMF宇津木【写真:Getty Images】

成熟度は発展途上も、徐々に一つにまとまりつつある高倉ジャパン

 なでしこジャパン(日本女子代表)のMF宇津木瑠美(シアトル・レインFC)は、中国大会(2007年)、ドイツ大会(2011年)、カナダ大会(2015年)と、3回の女子ワールドカップ(W杯)に出場している。世界大会を翌年に控えた準備状況は、彼女の目にどう映るのだろうか。

「監督も違うし(2007年は大橋浩司監督、2011・15年は佐々木則夫監督)、一つ前のチームは何年も、10年近く同じスタッフ、同じ選手でやってきましたから、それに比べれば目に見えないものの重さ、大きさ、深みは違うでしょう」

 当然のことながら、熟成度という点では、多少の世代交代はあったが、主力が「10年物」の固定メンバーで戦ったチームのほうが上回るようだ。しかし、今回のチームも、活動日数を重ねるとともにピッチ内外でのコミュニケーションを取る機会は増え、徐々に一つにまとまりつつあるという。

「代表合宿の日数も多いですし、グラウンド上で密にプレーする時間が増えたという認識です。年齢が近いということもありますが、オフ・ザ・ピッチ、オン・ザ・ピッチで、話をする機会もありますし、チームとしての強さ、メンタル的な部分では、着々と進んでいると思います」

 この「メンタル的な部分」は、宇津木がチーム立ち上げの頃から、警告を発していた部分だった。

「今はみんな笑顔だけれど、必ず勝てない時期が出てくる。その時に、どうなるか」

 それは、16歳にしてフル代表に放り込まれ、それまでの戦場とのギャップに戸惑った、宇津木自身の経験から来たものもあるだろう。

【PR】UCL分析&ハイライト番組『UCL IN FOCUS』がDAZNで絶賛公開中、加入してチェックだ!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング