エジルに「クレイジーなオファーあった」 アジアから巨額で獲得打診と代理人が回顧

アーセナルのMFエジル【写真:Getty Images】
アーセナルのMFエジル【写真:Getty Images】

今年2月にアーセナルと契約延長 当時アジアから巨額オファーが届いていたと代理人証言

 アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルの代理人エルクト・ソグト氏が、同選手にはアジアから想像を超えるようなオファーが届いていたことを明かした。それでも、お金は移籍を決める決定的な理由にはならなかったようだ。英地元紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」が報じた。

 エジルは今年2月にクラブと新たに3年半の契約を結び、長く保留となっていた去就問題に終止符を打った。しかし、エジルには当時、アジアから熱烈なラブコールが複数届いていたとソグト氏は語る。

「アジアからはいくつか相当なビッグオファーが届いていた。クレイジーなオファーもあったよ。でも、メストにとってお金は最大のファクターにはなり得なかったんだ」

 中国を中心とした経済成長著しいアジア諸国では、高額年俸を用意してスター選手を獲得するクラブが増えている。ソグト氏は「お金は考慮すべき重要なものの一つ」としてはいるが、エジルの移籍を決めるうえでの決定打にはならなかったと語った。

 また、エジルはアーセナル内でも屈指の人気選手で、ユニフォームの売上もクラブトップだという。そうした商業面での貢献度の高さもあり、アーセナルがエジルを手放す理由はなかったと語った。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング