歓喜の裏側で何が起きていたのか? リーグ連覇の川崎、知られざる「ゴール秘話5選」

まず1つ目は、FW知念の今季リーグ戦初ゴールに関する秘話【写真:荒川祐史】
まず1つ目は、FW知念の今季リーグ戦初ゴールに関する秘話【写真:荒川祐史】

リーグ連覇を達成した川崎、32節までに決めた全53ゴールの中から厳選秘話5つを紹介

 川崎フロンターレは史上5クラブ目となるJ1リーグ連覇を成し遂げた。第32節を終えてリーグ最小の26失点と堅守を誇る一方、リーグ2位の53ゴールを叩き出すなど高い攻撃力を発揮している。リーグ連覇を果たした今季、53ゴールの中なから5ゴールを厳選し、知られざる秘話をお届けする。

 ◇ ◇ ◇

■FW知念慶の今季初ゴール(4月11日/第7節:セレッソ大阪/1-2)

 第6節・横浜FM戦で先発出場した知念。実試合前日にFW小林悠が体調不良となるアクシデントによって、急きょ巡ってきた先発出場だった。前半、ハイラインの背後を突く攻撃から決定機が連続。しかし幾度となく巡ってきたチャンスを外してしまい、試合はドロー。試合後は、「自分が決め切れなかった。それが試合で勝ち切れなかった要因」と肩を落としてうなだれた。

 そんな知念に「これだけ外したからもう大丈夫。次は決められる」と試合後に声をかけたのがMF中村憲剛だった。「そこ(決定機)にいるから外す。いなかったら、そのチャンスすらない。外しているけど、そこにいるのは才能だから」と励ました。数々のストライカーを育ててきた中村からの言葉。そしてそれが効いたのか、中村の予言どおり、続く第7節セレッソ大阪戦で知念は今季リーグ戦初ゴールを記録している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング