メルボルンV本田は「対戦相手にとって脅迫的サイン」 全得点関与の活躍にAリーグ注目

今季チームの全4得点に絡んでいるMF本田圭佑【写真:Getty Images】
今季チームの全4得点に絡んでいるMF本田圭佑【写真:Getty Images】

今季3試合で1得点3アシストを記録 マスカット監督も称賛「貢献度は計り知れない」

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑は、3日のAリーグ第3節ニューカッスル・ジェッツ戦で決勝点をアシストし、1-0の勝利に貢献した。チームを今季初白星に導くとともに、ここまでの全4得点に絡んでいる日本人アタッカーに対し、リーグ公式サイトは「まだトップギアを開放していない」とさらなる活躍を期待している。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 本田はジェッツ戦でこれまでと同様に中盤をダイヤモンド型にした4-4-2システムの右インサイドハーフに配置されると、0-0で迎えた後半26分にこの日唯一のゴールを演出する。右サイドでボールを受けると、相手マーカーを引きつけたところで、ペナルティーエリア手前に構えていたオーストラリア代表MFテリー・アントニスにパスを供給。そのままアントニスは豪快に左足を振り抜き、ゴール右隅にシュートを突き刺した。

 開幕戦のメルボルン・シティ戦(1-2)で1ゴール、第2節のパース・グローリー戦(2-3)で2アシストと結果を残し、この試合でも1アシストを記録したため、本田は今季のチーム4得点全てに関与している。

 ケビン・マスカット監督はオーストラリアデビューから3試合連続で結果を残す本田について、「ボールがもっと彼の足もとに入れば、彼はもっと(ゴールに)絡んでくることだろう。彼の貢献度は計り知れない」と称賛の言葉を送ったが、Aリーグ公式サイトも日本人MFの特集を組んでいる。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング