U-15日本代表を視察したフランス連盟関係者が評価 「気になった」2選手とは?

MF中井と同じくMF中村仁郎もインパクトを残したようだ【写真:Tomoko Yasuda】
MF中井と同じくMF中村仁郎もインパクトを残したようだ【写真:Tomoko Yasuda】

サイドから果敢にドリブルで仕掛けた中村は、観客や関係者も沸くインパクトを残す

 最終日のU-15イングランド代表戦には1-4で敗れ、今大会を1勝2敗で終えた。フランス戦をスタンドで視察したFFFの育成部門担当オブザーバーに「日本の選手で気になった人はいましたか?」と尋ねたところ、中井の名前の横に一つ星、ガンバ大阪Jrユース所属のMF中村仁郎の横に二つ星が記されたメンバー表を見せてくれた。

 フランス戦で代表初先発を飾った中井は、4-4-2の右ボランチでプレー。前半は受けて捌くプレーが中心だったが、システム変更によりポジションが一列上がった後半はボールをキープしながらスペースを使うシーンが増加。ドリブルで仕掛ける場面も見られた。テクニックにフォーカスすれば、前半24分には最終ラインのDF田中隼人(柏レイソルU-15)へノールックでバックヒールでのパスを通し、守備でもフランスの選手がビルドアップで上がっていくところを鋭いタックルでボールをサイドに弾き出し、流れを切っていた。

 一方、中井と同じく初招集の中村は、フランス戦は後半18分から出場。右サイドハーフに入り、小刻みなドリブルで体の大きい相手を翻弄。果敢に仕掛けるプレーや鋭いアタックは立ち見客も出るほど埋まったスタンドの観客をたびたび沸かせ、取材に来ていた海外記者や関係者も「すごく良い選手がいるじゃないか」と高評価を与えるインパクトを残した。

 中井や中村だけでなく、フランス紙「ル・パリジャン」のロラン・プルネタ記者は、主将のMF山根陸(横浜F・マリノスJrユース)と下川を称賛していた。U-15日本代表にも将来性楽しみな逸材がいる――。そんな印象を与えた遠征になったと言えそうだ。

(小川由紀子/Yukiko Ogawa)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング