「世界でも対等に戦えるレベルへ」 U-15日本代表、強豪フランス戦で見えた課題と収穫

U-15日本代表、強豪フランス戦で見えた課題と収穫とは?【写真:Tomoko Yasuda】
U-15日本代表、強豪フランス戦で見えた課題と収穫とは?【写真:Tomoko Yasuda】

フランスのプレスに屈して前半10分に失点 後半システム変更で盛り返して一時同点に

 フランス遠征中のU-15日本代表は、現地時間1日にパリ郊外ヴィリエール・シュール・セーヌで「バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2018」第2戦のU-15フランス代表(40分ハーフ)と対戦。1-2で敗れ、大会初黒星を喫した。

 初戦のU-15オーストリア代表戦から中1日のタイトな日程で、森山佳郎監督はフィールドプレーヤーの半分にあたる5人を入れ替えてフランス戦に臨んだ。前半の途中から雨が降り出し、晴天でも凹凸が目立つピッチの状態がさらに悪化する厳しいコンディションのなか、激しいプレッシングで中盤を制したフランスに前半10分に先制を許してしまう。

 後半日本は、MF遠山悠希(京都サンガF.C. U-15)をアンカーに入れて、4-4-2から4-1-4-1にシステム変更。遠山が展開の起点になることで、初スタメンを飾ったMF中井卓大(レアル・マドリード カデーテA)ら中盤4人がより流動的になり、プレーのテンポが上がった。後半8分には敵陣ゴール近くでFKを得ると、オーストリア戦の得点者で後半から出場したFW勝島新之助(京都サンガF.C. U-15)のショートパスをFW下川陽輝(セレッソ大阪ジュニアユース)が的確に仕留めて、同点に追いついた。

 しかし、日本はわずか3分後にフランスに再びリードを許してしまう。森山監督が「上げろ! 上げろ!」と檄を飛ばすなか、その後もポスト右に逸れた勝島のシュートや終盤のGK彼島優(FC東京U-15深川)の連続セーブなど、攻守両面で粘りを見せたが、大会ホスト国に1-2で敗れた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング