U-15日本代表、中井が初先発もフランスに敗戦 敵将が称えた若き侍たちの“三本柱”

U-15日本代表【写真:Tomoko Yasuda】
U-15日本代表【写真:Tomoko Yasuda】

システム変更後に一度は同点とするも初黒星 アルコセール監督は10番・山根を称賛

 フランス遠征中のU-15日本代表は、現地時間1日に「バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2018」第2戦でU-15フランス代表(40分ハーフ)と対戦。レアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)に所属するMF中井卓大が世代別の日本代表で初のスタメンを飾ったが、試合は1-2で敗れた。試合後、対戦国フランスのジョセ・アルコセール監督は「日本は期待した通りの好チームで、ソリッドなゲームをした」と称えた。

 日本は現地時間10月30日のU-15オーストリア代表戦と同じく4-4-2を採用し、中井は右のボランチでスタートした。前半10分に先制を許したなか、後半から中盤の枚数を増やした4-1-4-1にシステム変更。同8分にセットプレーからFW下川陽輝(セレッソ大阪U-15)が同点ゴールをマークしたが、そのわずか3分後、昨季まで日本代表GK川島永嗣が所属したFCメスの下部組織に所属するFWアラジ・ドクールに勝ち越し弾を決められ、1-2で大会初黒星を喫した。

 試合途中から激しい雨が降り出し、ピッチ状態も悪い過酷な条件のなか、両チームとも良い戦いぶりだったとアルコセール監督は振り返る。

「チーム全員で(日本の)オーストリア戦のビデオも見て、序盤から厳しい戦いになるだろうとは予想していた。後半、日本がシステムを変えた後は、我々にとってさらに厳しい展開になり、しかも得点も許してしまった。それだけに2-1で勝利できたという結果に、非常に満足している。日本は期待したとおりの好チームで、ソリッドなゲームをした。なかでも特に目を引いたのが、10番の選手だ(山根陸/横浜F・マリノスJrユース)。彼はものすごく良いプレーヤー。ほかにも、アスレチック能力に優れた選手が何人かいた」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング