U-19日本代表、準決勝サウジ戦0-2で後半へ 先発9人変更、守備陣の痛恨ミスで2失点

U-19日本代表、守備陣の痛恨ミスで2失点を喫する【写真:ⒸAFC】
U-19日本代表、守備陣の痛恨ミスで2失点を喫する【写真:ⒸAFC】

2大会連続優勝を狙う日本が苦戦、オウンゴールで先制許す

 U-19日本代表は2大会連続制覇に向け、1日にU-19アジア選手権準決勝のサウジアラビア戦に臨み、前半29分にオウンゴールで先制点を許し、同アディショナルタイムにも失点。前半を0-2で折り返した。

 準々決勝でインドネシアを破り、来年のU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会への出場権を獲得した日本は、この準決勝に向けて大きな変更を加えた。MF安部裕葵は所属の鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグで決勝進出を果たしたことで離脱し、MF藤本寛也も負傷離脱した。準々決勝から2トップを完全に入れ替え、さらには大会で初めて3バックをチョイス。先発9人を入れ替えた。

 日本は過去4試合で15得点を奪ってきた攻撃が機能せず、むしろ守備時に5バックになる最終ラインが重くなって躍動感を欠いた。さらに、ラインが揃わずに裏を取られる場面も散見され、決定機こそ与えないものの苦しい試合展開になった。

 そうしたなかで前半29分に先制点を献上する。左サイドから攻撃に出た後のカウンターを受けた日本は、そのまま同サイドから攻め込まれた。ゴールライン際まで切り込んだ相手選手の低く速いクロスは、GKとニアサイドのゴールポストの間にできたわずかな空間に飛び、それを押さえにいった今大会初出場のGK若原智哉がゴール内にこぼしてしまいオウンゴール。先制点を奪われた。

 さらに同33分には相手の当たり損ねたシュートが絶妙なラストパスになる決定的なピンチもあったが、シュートは枠外に外れて事なきを得た。しかし、同アディショナルタイムに再びサイドから切り込まれると、角度の狭いところからのシュートをGK若原が弾いたこぼれ球を押し込まれて痛恨の失点。最後にビハインドを広げられて前半を0-2で終え、後半に向けたハーフタイムでの修正が求められる。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング