世代別代表デビューのレアル中井卓大、“先制弾起点”に対戦国も称賛「不意打ちを食らわす」

代表デビューを果たした中井卓大【写真:Tomoko Yasuda】
代表デビューを果たした中井卓大【写真:Tomoko Yasuda】

前半35分、負傷の遠山に代わってピッチに立ち世代別代表デビュー

 フランス遠征中のU-15日本代表は、現地時間30日に「バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2018」の初戦でU-15オーストリア代表(40分ハーフ)を2-0で破った。世代別の日本代表に初選出されたレアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)所属の15歳MF中井卓大が前半34分から途中出場し、その5分後にいきなりゴールの起点となる活躍。対戦国も「タクヒロ・ナカイが不意打ちを食らわす」と報じている。

 “ピピ”の愛称で知られる中井は、UEFAチャンピオンズリーグで最多13回の優勝を誇る“白い巨人”(レアルの愛称)の下部組織に11歳から加入し、昨年インファンティールA(U-14)からカデーテB(U-15)に昇格。さらに今夏、世界最高峰の逸材がひしめく狭き門を突破し、新シーズンはU-16年代のカデーテAに昇格するなど着実に階段を駆け上がっている。

 今回の遠征で世代別代表に初選出されると、バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント初戦のU-15オーストリア戦ではベンチスタート。だが前半34分、MF遠山悠希(京都サンガF.C. U-15)の負傷を受けて急きょピッチに立ち、世代別代表デビューを飾った。

 4-4-2システムを採用しているなか、中井はボランチ起用されると、出場からわずか5分後に輝きを放つ。中井が右サイドでボールキープしてMF豊田晃大(名古屋グランパスU-15)にパス。その豊田からのパスをFW勝島新之助(京都サンガF.C. U-15)が決め、前半を1-0で折り返した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング