U-19日本代表、2大会連続10回目のU-20W杯決定! 久保ら“タレント軍団”が世界へ

日本は準決勝進出と来年のU-20W杯ポーランド大会への出場権を獲得した【写真:ⒸAFC】
日本は準決勝進出と来年のU-20W杯ポーランド大会への出場権を獲得した【写真:ⒸAFC】

前半40分にDF東の約30mのスーパーミドルが決まり、1-0とリードして後半へ

 U-19アジア選手権で日本は28日の準々決勝で開催国インドネシアと激突。6万人の完全アウェーのなか、日本は前半と後半に1点ずつを挙げて2-0で勝利。日本は準決勝進出と来年のU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会への出場権を獲得した。

 この準々決勝は、勝てば出場権獲得、敗れれば大会から姿を消して敗退という大一番。直近5大会のうち5大会はこのベスト8の舞台で敗れて世界への挑戦権を獲得できなかった。その一戦に日本はFW久保建英とFW宮代大聖の2トップで臨み、最終ラインのDF橋岡大樹やGK谷晃生をスタメン復帰させるなど、グループリーグ第3戦イラク戦からは大きくスタメンを入れ替えた。

 日本にとって最初のビッグチャンスは前半11分だった。ゴールから約30メートルで得たFKを久保が右サイドに高く上げると、抜け出した橋岡が相手GKの上からヘディングで叩いてボールはゴールに吸い込まれた。しかし、これはオフサイドの判定で認められなかった。

 すると、直後の同14分は日本にアクシデント。直前のプレーでラストパスを送ったMF藤本寛也が手で「×」のマークを出してプレー続行不可能をベンチに伝えた。藤本は涙を流しながら担架で運び出され、グループリーグ3試合連続ゴールのFW斉藤光毅を投入した。

 ワンプレーごとに会場からインドネシアを応援する大歓声が沸き起こる環境のなかで、日本は主導権を握りほとんどの時間を敵陣でゲームを進めて過ごした。しかし、シュートにつながるシーンは多く作り出すことができなかった。前半35分に久保が右45度から直接狙ったFKも、少し曲がり過ぎてニアサイドに外れるなどチャンスを生かせなかった。

 このままハーフタイムを迎えるかに思われた前半40分、左サイドの約30メートルの位置でボールを持ったDF東俊希は左足を一閃。矢のように鋭く伸びるロングシュートがゴール右上に突き刺さり、値千金の先制ゴールをものにして1-0で前半を終えた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング