C・ロナウド、圧巻の“決勝ロケット弾”と米国絶賛 「ユーベを止めることはできない」

エンポリ戦で2ゴールを挙げたC・ロナウド(左)【写真:Getty Images】
エンポリ戦で2ゴールを挙げたC・ロナウド(左)【写真:Getty Images】

後半25分、約20mの距離から放ったミドルは左にスライドしながらゴールへ

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは現地時間27日、セリエA第10節の敵地エンポリ戦で後半に2ゴールを決め、2-1の逆転勝利に導いた。米テレビ局「CBSスポーツ」は、ロナウドが決めた2点目の決勝ゴールを“ロケット弾”と絶賛している。

 ミッドウィークの23日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の大一番、敵地でのマンチェスター・ユナイテッド戦を1-0の勝利で終えたユベントスは、低調なパフォーマンスで前半を0-1のビハインドで終えた。

 しかし、後半9分にロナウドがPKを決めて追いつくと、同25分には中央やや右サイドから約20メートルの強烈なミドル。左にスライドしながら伸びるシュートがゴール左上に突き刺さり、これが逆転の一撃となって勝利を手にした。

 記事では、「元レアル・マドリードの男が後半にロケット弾を叩き込んで勝利を勝ち取った」との言葉とともに、決勝ゴールの動画を公開。ユベントス加入後、「最も美しく、素晴らしく自信に満ちた一発」とし、高いクオリティーだけでなく、この試合で2本目、さらに決勝弾だったことがそのすごさに拍車をかけたとした。

「ロナウド加入前のユーベでさえもトップクラスだったが、土曜(エンポリ戦)のような最高のパフォーマンスで戦ったとしたら、セリエAでもヨーロッパでもこのチームを止めることはできないのかもしれない」

 リーグ戦開幕3試合ノーゴールも、その後7試合で7ゴール。希代のアタッカーがイタリアで圧倒的な存在感を発揮し始めている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング