モウリーニョ監督、イブラヒモビッチ復帰騒動を一蹴 獲得の選択肢は…「ノーだ」

モウリーニョ監督、イブラヒモビッチ復帰騒動を一蹴【写真:Getty Images】
モウリーニョ監督、イブラヒモビッチ復帰騒動を一蹴【写真:Getty Images】

ルカクが不振、サンチェスに移籍の噂が浮上するなか、カリスマFWに関して質問が飛ぶ

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、現地時間28日にプレミアリーグ第10節エバートン戦を控える。リーグ10位と低迷し、得点力に問題を抱えていることを認めながらも、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現LAギャラクシー)を帰還させるプランについては否定した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 ユナイテッドは現地時間23日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)H組のグループステージ第3節でイタリア王者ユベントスと対戦。古巣対決となるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの帰還で注目が集まった一戦は、ユナイテッドが本拠地オールド・トラッフォードで0-1と敗れる結果となった。

 ユベントス戦後、ユナイテッドはチリ代表FWアレクシス・サンチェスの移籍問題が浮上するなど、FW陣が懸念材料だ。そんななか、思うように得点できていないベルギー代表FWロメル・ルカクの代わりにイブラヒモビッチを帰還させる選択肢はあるか、とモウリーニョ監督に質問が飛んだ。これに対して、「ノーだ」と答えたポルトガル人指揮官は、自身の考えを明かした。

「ユベントス戦ではルカクに休みを与えたかった。私は(コーチの)元イングランド代表MFマイケル・キャリックがストライカーとしてプレーできるとは思っていないからね。ルカクに休みを与える決断をするのか、それとも(元イングランド代表)ラッシュフォードなのか、それともウインガーの選手なのか。解決策は我々が保持しているプレーヤーを使うことなんだ」

 試行錯誤を繰り返しているモウリーニョ監督は、エバートン戦を含めてどのように選手をやりくりしていくのだろうか。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング