二人抜きから“股抜きアシスト”の久保建英 海外メディア評価「彼のドリブルは称賛に値」

U-19日本代表FW久保建英(右)【写真:ⒸAFC】
U-19日本代表FW久保建英(右)【写真:ⒸAFC】

イラク戦で圧巻のプレーを披露した17歳FW久保、対戦国メディアが警戒

 U-19日本代表は25日、U-19アジア選手権グループリーグ第3戦のイラク戦で5-0と快勝し、グループ3連勝の首位で準々決勝進出を決めた。28日にU-20W杯出場権を懸けて開催国インドネシア(グループA 2位)と対戦するなか、地元メディア「iNews」は警戒すべき相手として17歳FW久保建英(横浜F・マリノス)を名指し。イラク戦で二人抜きドリブルから股下アシストを見せた若武者を警戒している。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 久保はグループステージ初戦の北朝鮮戦(5-2)で超絶FK弾を叩き込んで地元メディアからの注目度を一気に高めると、第3戦のイラク戦の前半10分にも魅せた。

 ゴール前に攻め込んだなか、久保が相手のペナルティーエリア右でボールを持つとドリブルを開始。切れ味鋭い突破で二人を抜き去ると、ゴール前で相手に対応されるが、左足アウトサイドで股下に巧みなラストパスを通し、MF滝裕太(清水エスパルス)の先制ゴールを演出した。

 そんな久保を要注意プレーヤーとして取り上げたのがインドネシアの地元メディア「iNews」だ。「“日本のメッシ”クボ、インドネシアU-19代表が警戒しなければならない相手」と特集すると、若き母国代表チームにとって最も危険な存在として注目を寄せる。

「インドネシアU-19代表は、28日の夜、タケフサ・クボの動きに注意する必要がある。この17歳は“日本のメッシ”という愛称を持っている」

 かつてスペインの名門バルセロナの下部組織に在籍した過去に加え、FC東京から横浜FMに移籍した経歴も紹介。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを引き合いに出し、「メッシと同じく、クボも左利きの選手だ」と記し、日本人レフティーの武器に触れている。

「ドリブルと相手を圧倒する能力は一級品。彼の落ち着いたドリブルは称賛に値する」

 イラク戦で圧巻のドリブルを披露した久保。地元メディアは単独で局面を打開する17歳FWを高く評価しながらも、真っ先に封じるべき相手と見ているようだ。

【PR】UCL分析&ハイライト番組『UCL IN FOCUS』がDAZNで絶賛公開中、加入してチェックだ!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング