U-19日本代表は久保だけじゃない 絶妙FK弾の宮代&10番・安部を海外称賛「ワンダフル」

(左から)安部裕葵、宮代大聖【写真:ⒸAFC】
(左から)安部裕葵、宮代大聖【写真:ⒸAFC】

宮代が2ゴール、安部も2得点に絡む活躍で1試合を残して準々決勝進出を決める

 来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップ(W杯)の出場権を懸けたU-19アジア選手権に参戦中のU-19日本代表は、22日のグループリーグ第2戦でタイを3-1で破り、1試合を残して準々決勝進出を決めた。FW久保建英をベンチスタートにしたなか、FW宮代大聖が2ゴール、MF安部裕葵が2得点に絡む活躍を披露。海外メディアも勝利の立役者となった二人を「ワンダフル」と称えている。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 日本は初戦の北朝鮮戦(5-2)で決勝ゴールの久保をベンチスタートにするなど、多くのスタメンを入れ替え。そうしたなかでも、初戦で途中出場からゴールを決めた10番・安部を中心にリズムの良い攻撃を繰り返した。

 そのなかで先制ゴールを挙げたのは、安部と同じく初戦で途中出場弾のFW宮代大聖だった。前半27分、左サイドから安部が縦に切り込んで入れたクロスに反応した宮代が流し込み、先制点を奪った。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、安部がDF二人を無効化したドリブルを「幻惑ドリブル」と称し、公式ツイッターでも「ワンダフルな働き」と称えた。

 さらに前半42分、安部が左サイドから中央に切り込みながら出したスルーパスを受けたFW斉藤光毅がゴール。そして、トドメは前半終了間際に宮代がFKを沈めてこの日2ゴール目をマークし、3点目を奪った。記事では「ミヤシロが再びスコアでタイを粉砕。25ヤードのワンダフルなFKを放った」と伝えている。

 後半はタイに攻め込まれる形になったが、全体的にはタイ陣内でゲームを進めた日本は、3-1で勝利。2連勝でグループ1位通過での準々決勝進出を決めた。宮代と安部のプレーは、日本は初戦で決勝FKを沈めた久保だけではないことを海外メディアに強烈に印象づけることになったようだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング