U-19日本代表、アジア選手権第2戦のタイ戦は3-0で後半へ 宮代と斉藤が2戦連続弾

U-19アジア選手権第2戦、日本代表はタイ相手に3-0で後半へ【写真:ⒸAFC】
U-19アジア選手権第2戦、日本代表はタイ相手に3-0で後半へ【写真:ⒸAFC】

初戦の北朝鮮戦で決勝ゴールのFW久保はベンチスタート 10番MF安部を中心に支配

 来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップ(W杯)の出場権を懸けたU-19アジア選手権に参戦中のU-19日本代表は、22日のグループリーグ第2戦でタイと対戦し、FW宮代大聖とFW斉藤光毅の2試合連続ゴールで前半を3-0とリードして折り返した。

 日本は初戦の北朝鮮戦(5-2)で決勝ゴールのFW久保建英をベンチスタートにするなど、多くのスタメンを入れ替えた。そうしたなかでも、初戦で途中出場からゴールを決めた「10番」MF安部裕葵を中心にリズムの良い攻撃を繰り返した。

 そのなかで先制ゴールを挙げたのは、安部と同じく初戦で途中出場弾の宮代だった。前半27分、左サイドから安部が縦に切り込んで入れたクロスに反応した宮代が流し込み、先制点を奪った。さらに同42分、安部が左サイドから中央に切り込みながら出したスルーパスを受けた斉藤がゴール。さらに前半終了間際には宮代がFKを沈めてこの日2ゴール目をマークし、一気にリードを広げた。

 このタイ戦で勝利すれば、グループリーグ最終戦のイラク戦を残して決勝トーナメント進出が決まる日本。守ってはタイにチャンスらしいチャンスを作らせず、日本が3-0とリードしたまま前半を終えた。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング