久保建英がU-19日本代表で放つ「エースの風格」 衝撃FK&先制点演出に見えた偉才

U-19日本代表FW久保建英【写真:ⒸAFC】
U-19日本代表FW久保建英【写真:ⒸAFC】

U-19アジア選手権初戦の北朝鮮戦、「スーパーゴール」で流れを引き寄せる

 影山雅永監督が率いるU-19日本代表は、インドネシアで行われているU-19アジア選手権の初戦で難敵の北朝鮮に5-2と勝利した。22日にタイ、25日には世代屈指の強豪イラクと戦い、グループリーグ突破となれば28日に来年にポーランドで開催されるU-20ワールドカップ出場権を懸けた準々決勝を戦う。1999年生まれの選手と2000年生まれの選手が融合するチームの攻撃を牽引するのは、2001年生まれのFW久保建英(横浜F・マリノス)だ。

「スーパーゴールでしたけど、あそこから3点入って勝てたのは良かった」

 この日は出番のなかったチームキャプテンのMF齋藤未月(湘南ベルマーレ)が、「スーパーゴール」と振り返る久保の直接FKが決まったのは、2-2の同点で迎えた後半20分だった。

 交代出場のFW宮代大聖(川崎フロンターレ)が積極的なドリブルでファウルを誘い、獲得したFKのチャンスに久保の左足が唸りをあげた。ゴールから25メートルほどの距離で、直接狙えるがやや遠め。北朝鮮も直接狙ってくる場合と味方に合わせてくる可能性を、半々ぐらいに想定した守備態勢を取っていたが、久保が流れるようなフォームで捉えたボールは3枚の壁の内側でジャンプしたMFキム・ジソンが飛んだすぐ頭上をかすめて鋭く曲がり、ゴールの右上に吸い込まれたのだ。この弾道には、北朝鮮のGKキム・ジュソンの必死の横っ跳びも及ばなかった。

 同じコースでもボールのスピードが少しでも遅ければ、壁の頭に当たっていたかもしれない。ベンチの方に駆け寄り両腕でガッツポーズを作って喜びを爆発させた久保は、「入ると思っていました」と振り返る。

「基本的にあそこからファーに打っても入らないところなので」と語る通り、直接狙う前提でイメージを研ぎ澄ませていたのだ。文句ないスーパーゴールだが、何より2-0から同点に追いつかれた状況で、チームに再び流れを引き寄せるゴールとなったことが重要だ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング