本田にあってデル・ピエロになかったものは? 豪紙が指摘「決定的に不足していた」

本田の献身性に高い評価「守備貢献度でもとても素晴らしかった」

「ホンダは違う。ダービーの試合での彼のパフォーマンスが、それを証明した。日本のスターは圧倒的なヘディングでデビュー弾を決めただけでなく、整理されたビルドアップの起点にもなった。ビクトリーにおける有意義な攻撃を回すために大忙しだった。セットプレーにおいても危険な存在となった。また、より重要なことは、彼は守備貢献度でもとても素晴らしかったということだ。それは(ティム・)ケーヒルや、特にデル・ピエロに決定的に不足していたものだった」

 ユベントスで稀代のファンタジスタとして名を轟かせたデル・ピエロは、2012年にメルボルン・Vへと加入しオーストラリアに熱狂をもたらしたが、ピッチ上での攻守にわたる貢献度で言えば本田が上回ると主張している。まだ開幕戦の1試合を終えただけだが、守備にも奮闘する本田の献身性は、オーストラリアでも高い評価を受け始めているようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング