イニエスタの前でバルサ級の一撃! J1川崎の“美しすぎる連係弾”…映像公開で大反響

華麗なコンビネーションでこじ開けた大島の一撃に賛辞が集まっている【写真:Football ZONE web】
華麗なコンビネーションでこじ開けた大島の一撃に賛辞が集まっている【写真:Football ZONE web】

神戸MFイニエスタの古巣バルサを彷彿、川崎MF大島が圧巻のコンビネーション弾

 川崎フロンターレが20日のJ1第30節ヴィッセル神戸戦で5-3と勝利し、首位キープでリーグ連覇に向けて一歩前進した。この一戦で大きな注目を集めているのが、川崎の日本代表MF大島僚太が流し込んだゴールだ。まるでバルセロナを思わせるような華麗なパスワークからゴールを陥れており、ゴール動画が公開されると大きな反響を呼んでいる。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 試合は序盤から打ち合いの様相を呈した。前半13分にFW小林悠のゴールで川崎が先制するも、同15分にオウンゴールで追いつかれ、同28分にFW古橋亨梧、同35分にMF三田啓貴と続けざまに決められて1-3と劣勢を強いられる。しかし同43分にFW家長昭博の一撃で1点差に詰め寄ると、後半20分にMF齋藤学が同点弾を叩き込み、同24分に川崎の10番MF大島が本拠地を沸かせた。

 DFエウシーニョが神戸ペナルティーエリア手前の家長にパスを通そうとした瞬間、エウシーニョより後方にいた大島が猛然とダッシュ。家長の足もとにボールが入ったかと思うと、左足インサイドでわずかにコースを変えて後方にそのまま流した。裏のスペースに全力で走り込んだ大島はダイレクトでエリア内のFW小林悠にパスを送ると、リターンパスを流し込んでゴールを決めた。

 今夏までバルセロナに在籍した神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの目の前で、そのバルセロナのパスワークを彷彿とさせる美しい一撃が生まれ、川崎の本拠地は騒然。ゴールを決めた大島も興奮のあまり咆哮を上げている。

 試合はその後に1点を追加した川崎が5-3と勝利した。Jリーグ公式YouTubeチャンネルでは試合ハイライトが公開され、大島のゴールも収録。コメント欄では「4点目は美しい」「4点目を見てイニエスタは何を思うのか」「上手すぎ」「綺麗なゴール」など、華麗なコンビネーションでこじ開けた大島の一撃に賛辞が集まっている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング