プレミアリーグのファンが選ぶ最高のスタジアムは? 武藤のニューカッスル本拠地選出

ニューカッスルの本拠地セント・ジェームズ・パーク【写真:Getty Images】
ニューカッスルの本拠地セント・ジェームズ・パーク【写真:Getty Images】

オールド・トラッフォードや、エミレーツスタジアムは下位に

 イングランドには、オールド・トラッフォードやアンフィールドをはじめ、世界的にも有名なスタジアムがいくつもある。そんなプレミアリーグのスタジアムをファンサイト「フットボールグラウンドマップ」がランキング化。最高の雰囲気を醸し出すスタジアムに、FW武藤嘉紀が今季加入したニューカッスルの本拠地セント・ジェームズ・パークが選ばれた。英紙「デイリー・スター」が報じている。

 今季のプレミアリーグは、昨季の王者マンチェスター・シティを中心にチェルシー、リバプール、アーセナルなどのビッグクラブが覇権を争っている。

 プレミアリーグには、世界に誇るビッグクラブが多く存在し、世界的な名手が揃う。だが、醍醐味はそれだけではない。各クラブのスタジアムには歴史があり、各会場で試合ごとに最高の雰囲気が作り出されている。そこで「フットボールグラウンドマップ」は、世界中のスタジアムを訪れたサッカーファンからデータを収集。雰囲気の良いスタジアム順にランキング化している。

 順位はサッカーファンならではのものとなった。トットナムは現在、ホームスタジアムが改修中のため最下位扱いとなったが、アーセナルのエミレーツスタジアム(18位)や、マンチェスター・ユナイテッドのオールド・トラッフォード(16位)、シティのエティハドスタジアム(15位)は下位に沈んだ。一方で、FW岡崎慎司が所属するレスター・シティのキングパワー・スタジアムは10位、日本代表DF吉田麻也が在籍するサウサンプトンのセントメリー・スタジアムは6位に入った。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング