「堂安さん磨かせていただきます」 長友佑都、“靴磨きパフォーマンス”の一枚に饒舌返答

(左から)日本代表MF堂安、DF長友【写真:田口有史】
(左から)日本代表MF堂安、DF長友【写真:田口有史】

堂安がウルグアイ戦で代表初ゴール、長友が跪いてシューズを磨くポーズ披露

 日本代表MF堂安律(フローニンゲン)は、16日の国際親善試合ウルグアイ戦でA代表初ゴールを挙げ、4-3勝利に大きく貢献した。20歳のレフティーは18日に自身のインスタグラムを更新し、DF長友佑都(ガラタサライ)とのゴールパフォーマンス写真を投稿。「左足磨いてもらうべきやったかな笑」と冗談交じりに綴ると、長友も「次は決めた足をお願いします」と返答して話題を呼んでいる。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ウルグアイ戦で右サイドハーフとして先発した堂安は2-2で迎えた後半14分に輝きを放つ。日本の右CKから相手エースFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)にボールを拾われたが、堂安がボールを奪取すると、中央のDF酒井宏樹(マルセイユ)に横パス。直後にゴール前へダッシュし、守備網を縫うように駆け上がり、酒井からのリターンパスを受けて代表初ゴールを流し込んだ。

 相手の主将DFディエゴ・ゴディン(アトレチコ・マドリード)を翻弄する華麗なフェイントもまじえた一発に会場は騒然。堂安はゴールに歓喜し、同僚たちも祝福に駆け寄った。選手たちの輪が解けると、おもむろに長友が片膝をつき、右膝に堂安の右足を乗せてスパイクを磨くようなパフォーマンスを披露した。

 堂安が試合後のテレビインタビューで「試合前に佑都くんが点を獲ったら靴を磨いてあげるという話をしていたので、やってもらえて良かったです」と語ったのを「Omnisport」が伝えている。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング