「緊張感が全然違う」 最年長・青山敏弘が証言するロシアW杯組合流による“変化”

日本代表MF青山敏弘【写真:Football ZONE web】
日本代表MF青山敏弘【写真:Football ZONE web】

長友や吉田らロシアW杯主力組の合流で雰囲気が締まったと証言

 森保一監督率いる日本代表は、8日から新潟市内に集合し、12日のキリンチャレンジカップ・パナマ戦(デンカビッグスワンスタジアム/19時35分)、16日の同ウルグアイ戦(埼玉スタジアム2002/19時35分)に向けて調整を進めている。試合前日の11日は2日連続で冒頭15分のみの公開となったが、9月のコスタリカ戦(3-0)でキャプテンを務めたMF青山敏弘は「ロシア組が入って緊張感が全然違うものがある」と明かした。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 森保ジャパンは8日から新潟合宿をスタート。ロシア・ワールドカップ(W杯)主力組のDF長友佑都(ガラタサライ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF原口元気(ハノーファー)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、FW大迫勇也(ブレーメン)を初招集し、若い世代との「化学反応」「融合」をテーマに調整を進めてきた。

 10月シリーズでは吉田がキャプテンを担うことになったが、依然最年長の青山はロシアW杯組が入ったことによる若手の変化を感じているという。

「ロシア組が入って雰囲気というか、緊張感が全然違うものがある」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング