ユナイテッドのモウリーニョ監督、冬の移籍市場で獲得を望む“有望株コンビ”とは?

マンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督【写真:Getty Images】

ミランの伊代表DFロマニョーリ、インテルのスロバキア代表DFシュクリニアルが対象

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、クラブに対して冬の移籍市場でセンターバックの獲得をリクエストしているという。その対象が、イタリア・セリエAのACミランとインテルでプレーする選手だと米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じた。

 同局がモウリーニョ監督の希望している選手と報じたのが、ミランのイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリと、インテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルだ。いずれも1995年生まれの23歳と若い選手で、現時点でのレベルだけでなくこれからの成長も見込める。

 ミランは今季、昨季までの中国資本から米ファンド「エリオット・マネジメント」の傘下に入って、元ブラジル代表MFレオナルド氏や元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏といったOBがフロントに帰還。クラブ全体の立て直しに注力している。今夏の移籍市場でもロマニョーリ獲得に興味を示すクラブはあったものの、その全てに対して非売品の姿勢を貫いたことが報じられてきた。

 また、シュクリニアルは昨季のインテルでリーグ戦フルタイム出場を達成し、今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献しており、チームの屋台骨を支える一人であることは間違いない。

 ユナイテッドは公式戦4試合未勝利で迎えた6日のニューカッスル戦で3-2と勝利。FW武藤嘉紀にゴールを決められたが久しぶりに白星を挙げた。モウリーニョ監督の解任話が一部で浮上している一方、冬の移籍市場に向けてリクエストしたとされるが、その時まで指揮しているか不透明な状況だ。少なくとも守備陣のラインナップに不満を抱えていると見られるが、ユナイテッドはミラノ勢から若きセンターバックの引き抜きを実現させるのだろうか。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング