昨季「ワーストイレブン」をスペイン紙選定 週給6000万円FWやオランダの英雄も

「マルカ」紙が選出の「昨季ワーストイレブン」【画像:Football ZONE web】
「マルカ」紙が選出の「昨季ワーストイレブン」【画像:Football ZONE web】

「マルカ」紙が選出 カリウスは昨季CL決勝の痛恨ミスが悪印象に

 FIFA(国際サッカー連盟)は現地時間24日に年間表彰式「ザ・ベスト FIFAフットボールアウォーズ2018」を開催し、年間最優秀選手賞を受賞したレアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチを含め、各賞の受賞者を発表した。ベストイレブンも発表され、1年を通して活躍した豪華な顔ぶれが揃った。これに対し、スペイン紙「マルカ」はそれとは正反対の「ワーストイレブン」を選出し、特集を組んでいる。

 守護神に選出されたのは今夏ベジクタシュに加入したGKロリス・カリウスだ。昨季リバプールの正GKとして迎えたUEFAチャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリード戦で致命的なミスにより2失点を招き、最終的に1-3で敗れることになった。

 最終ラインは昨夏にマンチェスター・ユナイテッドに加入するも出番の獲得に苦しんだスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ、昨季ACミランに加入するもチーム復権に貢献できず今夏ユベントスへの出戻りが決まったイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ、そして、昨季ユベントスへ期限付き移籍するも出場機会を得られずに今夏ロコモティフ・モスクワに移籍したDFベネディクト・へヴェネスが3バックを形成している。

 右サイドハーフには昨季までセビージャに在籍し、不振により今季からレンタルでフランス1部アミアンに加入した元ブラジル代表MFガンソ、左サイドハーフにはアーセナル、ロシア・ワールドカップ(W杯)とも低パフォーマンスに終始した元ドイツ代表MFメスト・エジルが入った。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング