C・ロナウドとメッシはFIFA最優秀選手賞で誰に投票? 新受賞者モドリッチへは…

(左から)FWメッシ、MFモドリッチ、FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
(左から)FWメッシ、MFモドリッチ、FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

11年ぶりの新受賞者となったモドリッチにメッシは1位、ロナウドは2位票を投じる

 FIFA(国際サッカー連盟)は現地時間24日、年間表彰式「ザ・ベスト FIFAフットボールアウォーズ2018」を開催し、男子の年間最優秀選手にはレアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが輝いた。海外メディアは、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらが投票した選手を紹介し、注目を集めている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 最終選考3名にはモドリッチのほか、ロナウド、エジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)がノミネート。最終的にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で前人未到の三連覇を成し遂げ、ロシア・ワールドカップ(W杯)でもクロアチア代表の主将として準優勝&大会MVPに輝いたモドリッチが受賞することになった。

 投票は各代表監督(25%)、代表チームキャプテン(25%)、ファン(25%)、世界各国200名以上のメディア代表者(25%)で決定。衛星放送「ユーロ・スポーツ」は、一部の主将と監督の投票選手を紹介し、ロナウドとメッシもその対象となっている。

 ロナウドは一番手にレアル・マドリードのフランス代表DFラファエル・ヴァラン、二番手にモドリッチ、三番手にアトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを列挙。CL三連覇を果たしたレアル、またロシアW杯で優勝したフランスの主力CBである元同僚のヴァランを推していた。

 一方、メッシは一番手にモドリッチ、二番手にパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ、三番手にロナウドへ投票している。メッシにとってモドリッチは宿敵レアルの司令塔にあたるが、ロシアW杯のグループリーグ第2節で直接対決しており、メッシの前で圧巻のミドル弾を叩き込んでいた。

「FIFAバロンドール」時代を含め、2008年以降からロナウドとメッシが賞を独占してきたが、11年ぶりに新たな受賞者が誕生。二人もモドリッチのことを高く評価しているようだった。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング