「香川からラブリーなパス」 今季初出場の一戦で見せた絶妙クロスに海外メディア反応

CL開幕戦で後半途中からピッチに立った香川真司【写真:AP】
CL開幕戦で後半途中からピッチに立った香川真司【写真:AP】

CL開幕戦でトップ下で途中出場 リズムを作りドルトムント攻撃陣を活性化

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)開幕戦で後半途中からピッチに投入され、今季公式戦初出場を記録した。限られた時間のなか、トップ下で存在感を発揮した香川が演出した決定機に、海外メディアは「ラブリーなパス」と賛辞を送っている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ドルトムントは現地時間18日、CLグループステージ第1節で敵地に乗り込みクラブ・ブルージュと対戦し、1-0で勝利を収めた。1点を争う展開となった試合で、決勝点が生まれたのは後半40分。クラブ・ブルージュのゴール前でのクリアボールがアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチの足に当たり、ループ気味になったボールがそのままゴールネットへと吸い込まれた。

 今季ここまで公式戦全4試合でメンバー外だった香川は、CL開幕戦で初めてのベンチ入りを果たすと、後半17分にドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに代わって投入され、主戦場であるトップ下に入った。ピッチに立つと香川はすぐに効果的なパスを供給して攻撃のリズムを作り、それまで攻めあぐねていたドルトムントに活気を注ぎ込んだ。

 後半34分には香川が左サイドでボールを受けると、右足で鋭い浮き球パスをファーポストの位置へと放り込む。そこに大外からポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェクが走り込んでくるも、右足のシュートはミートせずにゴールラインを割ってしまった。

 しかし、決定機を演出した香川に対し、ドルトムント専門メディア「BVB Buzz」は公式ツイッターで「シンジ・カガワによるラブリーなパスだった。しかし、ピシュチェクが右足を当て損ねてしまった」と投稿し、絶妙なクロスに賛辞の言葉を送っていた。

 得点にこそ絡めなかったものの、トップ下に入り攻撃にアクセントを加えた香川。次のチャンスを手繰り寄せるアピールの場とすることができたかもしれない。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング