本田圭佑の指導者ライセンス廃止案にJリーガーも反応 「僕は既に実質監督」と連続投稿

メルボルン・ビクトリーMF本田【写真:Getty Images】
メルボルン・ビクトリーMF本田【写真:Getty Images】

「新しいルールを作るべき」と18日投稿 連続ツイートで「悪いルールは変えればいい」

 元日本代表MF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)は10日、カンボジア代表の実質的な監督として国際親善試合マレーシア戦で初采配を振るい注目を集めた。そんななか、18日に本田が自身の公式ツイッターを更新し、「今のコーチングライセンス制度は廃止して新しいルールを作るべき」と提言したが、同日二度目のツイートで「先ずは将来的に監督になりたい影響力のある選手達が行動しなきゃいけない」と改めて主張している。

 今夏、オーストラリア1部メルボルン・Vへ移籍した本田は、カンボジア代表のゼネラルマネジャー(GM)の肩書きで実質的な監督を務め、10日のマレーシア戦は1-3と敗戦。登録上はフェリックス・ダルマス氏が監督を務めたが、指導者ライセンス未取得の本田はベンチ入りして事実上の監督として指揮を執った。

 本田は18日に自身の公式ツイッターを更新し、「今のコーチングライセンス制度は廃止して新しいルールを作るべき。プロを経験した選手は筆記テストだけで取得できるのが理想」と記した一方、「母数を増やして競争させる。クラブ側も目利きが今まで以上に求められる。ただ選択肢は増える。日本のサッカーはそういうことを議論するフェーズにきてる」と声を上げていた。

 各メディアが反応したなか、本田は同日に再びツイート。「そんな難しいことは言ってない。良いルールは守り、悪いルールは変えればいいだけ」と改めてコーチングライセンス制度について言及した。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング