「悔しい思いをした」 南野、“空白の期間経由・代表初得点”に挽回宣言「これから」

3年ぶりの代表復帰となったMF南野拓実【写真:Getty Images】
3年ぶりの代表復帰となったMF南野拓実【写真:Getty Images】

A代表3試合目で初スタメン 後半21分に遠藤のパスを流し込んで初ゴールを記録

 森保一監督率いる新生日本代表は11日、国際親善試合コスタリカ戦で3-0と勝利し、初陣を白星で飾った。3年ぶりの代表復帰となったMF南野拓実(ザルツブルク)はA代表3試合目にして初の先発出場。2トップの一角で攻撃を牽引した初陣を終えて「空いた期間に悔しい思いをしたのでこれから」と振り返った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 3日に札幌で合宿をスタートした森保ジャパンだったが、6日午前3時過ぎの北海道地震の影響で7日の国際親善試合チリ戦(札幌ドーム)が急きょ開催中止。今後のメンバー選考の試金石と目された9月シリーズは1試合のみとなった。

 2トップの一角に入った南野は、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)とMF堂安律(フローニンゲン)の両サイドハーフと連動しながらコスタリカゴールにアタック。前半39分にはMF遠藤航(シントトロイデン)の縦パスをFW小林悠(川崎フロンターレ)が胸で落としたところを右足ダイレクトボレーで狙ったが、相手GKレオネル・モレイラの攻守に阻まれてゴールはならなかった。しかし、後半12分に中島の左サイドからのクロスも枠を外れて迎えた同21分、再び中島を起点に遠藤を経由してゴール前でパスを受けると、冷静に左足でゴール右隅に流し込み、嬉しい代表初ゴールでチーム2点目を挙げた。

「(中島)翔哉は突破力もあるし、パスも出せてなんでもできる。顔が上がった時に動き出せばパスは来るので、オリンピックの時みたいに良い距離感でやれればなんとなくチャンスは生まれるだろうな、と。実際、翔哉が何本もチャンスを作っていた。初めてやる選手よりかは何度かやったことがある選手だったので、そういう部分はやりやすかった」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング