「メッシは僕ほどのルックスじゃない」 C・ロナウド、若き日の“ナルシストぶり”発覚

若き日のC・ロナウド(左)とメッシ(右)【写真:Getty Images】
若き日のC・ロナウド(左)とメッシ(右)【写真:Getty Images】

クラウチが暴露 「ファーディナンドが教えてくれた」

 今夏ユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、絶対的なカリスマとしてサッカー界に君臨しているが、ストーク・シティの元イングランド代表FWピーター・クラウチはロナウドの驚きの“ナルシストぶり”を暴露している。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」が報じている。

 ロナウドは2003-04シーズンに、母国のスポルティングCPからユナイテッドへと移籍した。当時、18歳の若さでファーガソン氏からクラブのエースナンバーである背番号「7」を与えられ、大きな話題を呼んだ。06-07シーズンにプレミア年間最優秀選手に選出されると、07-08シーズンでは連続受賞に加え、リーグ得点王に輝く。そして、2008年度のバロンドールを受賞した。

 09年にはレアル・マドリードへと移籍し、在籍9年間で2度のリーガ制覇、4度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝を含める数多くのタイトル獲得に貢献。バロンドールにも13、14,16、17年と4度輝き、キャリア通算5度の受賞を成し遂げている。

 史上最高のフットボーラーの一人としてサッカー史にその名を刻み続けるロナウドだが、先日自伝本を出版したクラウチは、そのなかでロナウドの秘話を明かしていた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング