長谷部誠からバトン…日本代表の新主将・青山敏弘 森保監督が指名の舞台裏を告白

日本代表の森保監督(左)と主将に任命された青山【写真:Getty Images】
日本代表の森保監督(左)と主将に任命された青山【写真:Getty Images】

W杯3大会連続でキャプテンを務めた長谷部が代表引退、広島MF青山を新たに任命

 森保一監督率いる日本代表は、3日からスタートさせた札幌合宿を8日に終えて、11日に国際親善試合コスタリカ戦が行われる大阪へ移動する。指揮官はかつてサンフレッチェ広島で指導した教え子のMF青山敏弘をキャプテンに任命したが、その舞台裏を明かしている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 今回の9月シリーズで最年長となる青山は、森保監督が率いた広島でJ1リーグ三度の優勝を経験するなど“司令塔”として活躍。そして新体制初陣に招集されると、信頼の厚さを証明するかのようにキャプテンに指名された。その狙いについて、森保監督は次のように語っている。

「キャプテンやってほしいと話はした。普段、青山がオン・ザ・ピッチ、オフ・ザ・ピッチでやってくれている、いつも通りの姿勢を示してもらえればと話をした。本人もそこは分かっていると思う」

 日本代表では、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)、2014年ブラジルW杯、2018年ロシアW杯と3大会連続でMF長谷部誠(フランクフルト)がキャプテンを務めてきた。唯一無二とも言える存在だった長谷部から“キャプテン”のバトンを受けたのが、ブラジルW杯で共闘した青山だった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング