日本代表が金メダル! アジア大会ウイニングイレブン代表がeスポーツ初の快挙

金メダルを獲得した杉村選手(右)と相原選手(左)【写真:VAMOLA eFootball News】
金メダルを獲得した杉村選手(右)と相原選手(左)【写真:VAMOLA eFootball News】

決勝でイランを破り、杉村選手&相原選手が頂点に立つ

 ジャカルタ・アジア大会では8月26日より「eスポーツ」が公開競技として実施され、最終日の9月1日にサッカーゲームである「ウイニングイレブン」が競技として行われた。アジアの各地域予選を突破した8カ国から、各2名ずつ計16選手が大会に参加。日本からは杉村直紀(プレーヤーネーム:SOFIA)選手と相原翼(プレーヤーネーム:レバ)選手が出場した。

【PR】そんな裏話まで出ちゃう!?MCハリー杉山が解説陣、ゲストから引き出す軽快サッカーバラエティ!

 予選グループリーグBを順調に首位で通過した日本は、決勝トーナメント準決勝でマレーシアを下した。決勝は第1ゲームから波乱の幕開けとなった。杉村選手が3-1と終始イランのペースで完敗。2対2となる第2ゲームは、相原選手の活躍で勝利を収めた。続く第3ゲームでは、点の取り合いとなりながらも、相原選手が持ち前の粘り強さを見せた。結果イランを2対1で破り、見事に金メダルを獲得した。なお、同大会のeスポーツ公開競技に採用されたゲーム種目では、日本で初めてのメダルになる。

 優勝後、杉村(SOFIA)選手は「アジアのレベルは高いと感じました。100%の力で戦っても、本当にタフな試合ばかりでした。(これをきっかけに)ウイニングイレブンでプロとして食べてけるような道が今後開かれるようになっていけば良いと思います」と語った。相原(レバ)選手は、「今はまだ高校生なので、ウイニングイレブンを続けられる限りプレーしたいです。今後、大会に出たら少しでも盛り上がるプレーをして(見る人を)魅了していきたい」と両選手は今後の抱負を語った。

 eスポーツは、次回の2022年杭州(中国)アジア大会では正式競技になる方針だ。国際オリンピック委員会(IOC)もeスポーツに注目しており、24年パリ五輪での実施競技としての採用も検討されている。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(VAMOLA eFootball News編集部)

page 1/1

VAMOLA eFootball News編集部

日本初のeスポーツのサッカー専門メディア。「eフットボール」の国内と海外の最新情報を配信している。http://efootball.jp

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング