イニエスタがバルサ公式番組で語ったJリーグの印象 「誰にでも勝てる可能性がある」

ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】
ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】

日本特有の夏に驚きを覚えつつ、Jリーグに関しては「とても大胆なサッカー」と言及

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、古巣バルセロナのクラブ公式番組「Barca TV」に出演し、Jリーグでプレーしての感想と、バルサの今後について自身の見解を述べた。スペイン紙「マルカ」が伝えている。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 新天地ではチームメイトやクラブ関係者の助けもあり、初日から気持ち良くいられていると語り始めたイニエスタだったが、「(日本の)天気は非常に気温が高くて、湿気が多い。特に最初のまだトレーニングを始めたばかりの時は余計にそう感じた」と、日本特有の高温多湿な夏には驚きがあったようだ。

 また、Jリーグについてもリーガ・エスパニョーラとの違いを交えながら触れている。

「長い間プレーしてきて慣れているようなスピーディーなスタイルではないけど、それも含めて新たな経験ができて嬉しい。今はまだスタートしたばかりだが、ここまでは非常に良いと感じている。Jリーグではたとえ下位クラブだとしても、アウェー戦で相手を負かすことができる。とても大胆なサッカーで、誰にでも勝てる可能性がある。0-1で負けてても、攻撃し続けるんだ。我々(神戸)はアジア・チャンピオンズリーグには一度も出たことがないし、それができたらもの凄いこと。でも、リーグではトップ3でフィニッシュできるチャンスがあると思う」

【PR】データ容量問題でDAZN加入を躊躇っていた方に朗報!なんと今夏よりデータセーブ機能が搭載されました!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング