「ああオウンゴール…」 韓国女子が日本戦で不運失点、死力も敗戦に母国嘆き「痛恨」

韓国女子が日本戦で不運の失点…【写真:AP】
韓国女子が日本戦で不運の失点…【写真:AP】

アジア大会女子準々決勝、日本が韓国に2-1勝利 後半41分に生まれたまさかの決勝点

 インドネシアで開催中のアジア大会女子サッカー準決勝が28日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)が韓国と対戦し、2-1勝利で決勝進出を果たした。決勝点は韓国のオウンゴールでもたらされ、韓国メディア「ニュースエン」は「ああオウンゴール…」と痛恨失点での敗戦を嘆いた。

【PR】グループステージもそろそろ終了。CL・EL決勝トーナメントが始まりますよ!配信見るならDAZNで!

 先制点は日本に生まれた。試合開始直後の前半5分、左サイドからのスローインを受けたMF有吉沙織が左足で最終ライン背後にボールを出すと、FW菅澤優衣香が反応して抜け出す。相手GKと1対1になった菅澤は、右足アウトサイドでゴール右隅にシュートを流し込み、先制点を挙げた。しかし日本リードで迎えた後半23分、右サイドからクロスを上げられると、なでしこリーグ1部INAC神戸レオネッサに所属する韓国MFイ・ミナがヘディングシュート。これを決められた日本は同点に追いつかれ、試合は1-1の振り出しに戻った。

 日本に幸運が舞い込んだのは同41分。日本が右サイドからクロスを上げると、ファーサイドで菅澤がヘディングで中央に折り返す。これに対応した相手DFが、まさかのオウンゴール。これが決勝点となり、日本が2-1勝利でアジア大会制覇に王手をかけた。

 韓国メディア「ニュースエン」は、「アジア最強の日本に1-2惜敗。体力的な限界が見え始めた後半41分にオウンゴールで失点した」と試合結果を伝えると、「ああオウンゴール…」と嘆いている。また韓国紙「東亜日報」も、不運な形の失点ながら「痛恨のオウンゴール」と伝えた。

 思わぬ形での失点に韓国メディアも思わず嘆息した一方、決勝に駒を進めた日本を「アジア最強」と称えていた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング