レアルDFマルセロ、練習での鮮やかな“バイシクル弾”に反響 「天才」「クール」

レアルDFマルセロ【写真:Getty Images】
レアルDFマルセロ【写真:Getty Images】

フットテニスでベイル、カゼミーロとつないだボールをジャンプ一番ジャストミート

 レアル・マドリードは現地時間26日にリーグ第2節でジローナと対戦する。今季初のアウェーゲームに向けて汗を流すなか、ブラジル代表DFマルセロが“フットテニス”でアクロバティックな一撃を披露。海外紙、ファンから「天才」「クール」など称賛の声が挙がっている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 レアルは日本代表MF柴崎岳が所属するヘタフェとの開幕戦に2-0で勝利し、白星スタートを飾った。2連勝を懸けて敵地ジローナに乗り込むが、レアル公式ツイッターは「ゲームセット」と綴り、練習のワンシーンを収めた動画を公開した。

 映像では、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、フランス代表DFラファエル・ヴァラン、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ組と、マルセロ、ブラジル代表MFカゼミーロ、ウェールズ代表FWギャレス・ベイル組がフットテニスで対戦。ヴァランがヘディングで鋭いスマッシュを放つも、これをベイルがバックステップしながら左足でレシーブし、カゼミーロが頭でボールを浮かせる。中央で待ち構えていたマルセロは体を反転させ、ジャンプして左足を振り上げ、強烈なオーバーヘッドシュートを敵陣に叩き込んだ。

 3人の間を突くライン際への一撃に、モドリッチとヴァランは思わずお互いを見合って苦笑い。レアル公式ツイッターは「マルセロによってゲームセット」と綴り、勝負を決める“決勝弾”だったことを伝えている。投稿のコメント欄には「ジーニアス・マルセロ」「クール」「アメージング」と称賛のフレーズが並んだ。

 また、スペイン紙「AS」は「マルセロ、カゼミーロ、ベイルはモドリッチ、ヴァラン、ベンゼマとフットバレーで対戦。この天才のポイントで優位に立った」と紹介。ペルーメディア「trome」も「レアル・マドリードのチームメイトたちを驚かせたマルセロの驚異のオーバーヘッド」と伝えている。

 開幕戦のヘタフェ戦でもロングパスを足もとにピタリと止める神トラップを見せていたマルセロ。今季も卓越したテクニックで観る者を魅了してくれそうだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング