元日本代表DF永田充、古巣・浦和との対戦で取り戻した感覚 「やれる自信はある」

J2東京ヴェルディのDF永田充【写真:Getty Images】
J2東京ヴェルディのDF永田充【写真:Getty Images】

浦和退団から1年半、初の古巣戦に高ぶった感情「他の試合とは違うモチベーション」

「やっぱり楽しみだったし、モチベーションも他の試合とは違う高さでしたね」

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 J2東京ヴェルディの元日本代表DF永田充は、22日に行われた天皇杯ラウンド16のJ1浦和レッズ戦に0-1で敗戦後、そう試合を振り返った。永田にとって浦和は、2011年から16年まで所属した古巣だ。出場機会を求めて移籍を決断してから1年半、その舞台がようやく訪れた。

 2011年のアジアカップで日本代表メンバーにも入っていた実力者だが、慢性的な膝の負傷も抱えている。今季はリーグ戦で出場がなく、7月11日の天皇杯3回戦以来の出場だった。それでもセンターバックに入ると、かつてチームメイトだったFW興梠慎三やMF武藤雄樹と対峙。安定感のあるプレーを見せ、「前半はヴェルディペースだったし、あわよくば、と」という時間を過ごしていた。

 そのなかで悔やまれたのが、決勝ゴールになった失点シーンだった。左右に揺さぶられたところで、浦和DF岩波拓也からクロスが入った。永田が「少しボールウォッチャーになってしまって」というタイミングで、興梠がヘディングで落とすとFWファブリシオに蹴り込まれた。

 永田は興梠と浦和時代に仲が良く、興梠が右足を骨折した時には自宅までの送り迎えをしていたこともあった。その盟友が絡んだ1点に、改めてその能力の高さを感じたという。

「ゴール前の落ち着きは、慎三はさすがだなと思いましたよ。普通ならヘディングでシュートを打っちゃうと思うんですけど、優しく折り返して。たぶん、ギリギリまで判断を待ったんだと思うんですけど、あの落ち着きは凄いなと」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング