メッシが頭脳的な“コロコロFK”で再び魅了! スペイン紙も「新必殺技」に認定

アラベス戦でメッシが決めた“コロコロFK”【写真:Getty Images】
アラベス戦でメッシが決めた“コロコロFK”【写真:Getty Images】

アラベスの壁下を通すグラウンダーFKで、貴重な先制点を叩き込む

 バルセロナのFWリオネル・メッシは、現地時間18日に行われたリーガ・エスパニョーラ開幕戦のアラベス戦で2ゴールを挙げ、連覇に向けて3-0快勝発進に大きく貢献した。特に絶妙だったのは、先制点となった直接FKだ。ジャンプした壁の下をグラウンダーで抜く技ありの一撃となったが、スペイン紙「マルカ」はこの“コロコロFK”がメッシの「新たな必殺技」だと紹介している。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 MFアンドレス・イニエスタがJ1ヴィッセル神戸に去ったバルサ。アラベス戦はボールを保持しながらもゴールを決めきれない時間帯が続き、メッシが前半に放ったFKもクロスバー直撃に終わっていた。

 しかし後半19分、メッシのスキルが炸裂する。自らの突破で得たゴール前正面約22メートルの位置で、再びキッカーを務める。メッシは助走から左足を振ると、ボールはいつもの鮮やかな弾道ではなく、グラウンダーの軌道に。虚を突かれたアラベスの壁の足下を抜け、GKフェルナンド・パチェコの手を弾いてゴールラインを越えた。

 バルサにとってリーガ通算6000ゴールの節目となったファインゴールに、本拠地カンプ・ノウは大いに沸いたが、この“コロコロFK”はメッシの新たな引き出しとも言える。まず印象的だったのは昨季リーガ第25節ジローナ戦(6-1)でのこと。前半11分に壁5枚をあざ笑うかのようなグラウンダーFKを突き刺していた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング